本文へ移動
株式会社エイチユー丸八
〒454-0055
愛知県名古屋市中川区十番町6-5
TEL.052-665-4060
FAX.052-665-4063
エクステリア,ガーデン,ウッドデッキの施工・販売
Google

WWW を検索
 www.outdoor-planning.com を検索
 

セランガンバツ

イペ 施工例
  樹木名  セランガンバツ
  別名  バツ、イエローバラウ、バンキライ、バラウ
  樹種  フタバガキ科
  産地
 東南アジア
  色調
 黄褐色
  長所
 
 国内に原木で輸入可能な為、特殊サイズの製造が可能。
 他のハードウッドに比べ多少安い。
  短所
 割れ・反りが結構でる。木肌にざらつきがある。
 
ハードウッドの中では比較的安価で、特殊サイズの製造が可能な材料


  海外では需要が高く、広く使用されている。重構造用材としては第一級に類する。
 
 耐久性は他のハードウッドより劣るものの15年程度の耐久性は望めます。
 
 ヨーロッパやオーストラリアでの使用実績や需要が高く、海外でも広く使用されている材料です。
 
 国内では割や反りにより、大阪より東ではクレームが発生しやすく敬遠されがちですが、
 大阪より南西の地域では需要が多いです。
 また、公共工事での使用実績は多いが、個人邸での使用頻度は少ないです。
 
性能データ
 
  気乾比重  0.94
  耐久性  大
  割れ  中
  反り
 中
  アク
 小~中
  耐用年数
 15年程度

使用した感想


  木肌は少々ざらついており、笠木や手摺りには向いていません。材は、イペ、ウリン、マニルカラよりも柔らかく加工施工には楽です。また、他のハードウッドよりも多少軽い為DIYには向いています。

  ヨー ロッパやオーストラリアでの需要がある割には日本での需要がイマイチ伸びない理由は文化の違いがあるかもしれません。靴を履いて生活する文化ではざらつき や割れはあまり気になりませんが、日本人のデッキの感覚はあくまで「縁側」なのでしょう。アクがあっても反りがあっても許せるが、割れ・ささくれは許せな いという傾向を感じます。

  「もう少しお金を出してイペかウリンでやろう。対応年数もバツより長いし」といった感覚が強いようです。

  バツ材は個人邸にはあまり普及せず、公共工事での使用が多いようです。
TOPへ戻る